コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イヌガシ いぬがし

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

イヌガシ
いぬがし / 犬樫
[学]Neolitsea aciculata (Bl.) Koidz.

クスノキ科の常緑小高木で、樹皮は暗褐色、若枝は緑色。葉は質が薄いが、じょうぶで光沢があり、楕円(だえん)形、鋸歯(きょし)がなく、3本の葉脈が目だつ。花は3~4月、葉腋(ようえき)に固まってつき、紅紫色。雌雄異株。果実は黒紫色に熟す。本州の房総半島以西から九州、沖縄、さらに朝鮮、台湾に分布する。名は、カシに似るがカシの仲間ではないことによる。マツラニッケイともいう。なお、シロダモは本種に似るが、秋に黄色の花を開き、果実が紅(あか)く熟す点で異なる。[門田裕一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のイヌガシの言及

【カシ(樫)】より

… ウバメガシQ.phillyraeoides A.Gray(イラスト),シリブカガシPasania glabra (Thunb.) Oerstedは同じブナ科でカシの名をもつ常緑樹であるが,系統的には少し異なる。イヌガシNeolitsea aciculata (Bl.) Koidz.もまたカシの名を有するが,クスノキ科の樹木で,材質が劣るのでこの名がついた。【岡本 素治】【新田 あや】。…

【シロダモ】より

…木材は建築,器具,薪炭用とするが特別の用途はない。 シロダモ属Neolitseaには日本にもう1種イヌガシN.aciculata (Bl.) Koidz.が千葉県以南の暖帯に分布し,常緑高木で,花期は早春,果実は秋に黒熟する。【緒方 健】。…

※「イヌガシ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

イヌガシの関連キーワードマツラニッケイ

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android