コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イヌガンソク Matteuccia orientalis (Hook.) Trev.

2件 の用語解説(イヌガンソクの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

イヌガンソク【Matteuccia orientalis (Hook.) Trev.】

胞子葉がガン(雁)の足に似ているところから,犬雁足の和名が与えられた,メシダ科の中型のシダ(イラスト)。根茎は太く短くはい,葉を叢生(そうせい)する。葉は著しい2形を示す。葉脈は遊離脈。栄養葉は広卵形から長楕円形で,長さ1mをこえることがあり,葉柄基部は大型で淡褐色の鱗片を密につける。単羽状複葉で羽片は中裂から深裂。胞子葉は栄養葉よりもはるかに短く,羽片は葉身部が反転して棒状である。胞子囊群は外向きの球形の包膜で包まれ,さらに葉身でも包まれる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

イヌガンソク
いぬがんそく
[学]Matteuccia orientalis (L.) Todaro

オシダ科の大形のシダ。根茎は太く、横にはう。栄養葉と胞子葉がある。栄養葉は1メートルを超えることがあり、1回羽状深裂。胞子葉は短く、葉身が退化している。胞子は秋に成熟。夏緑性で、日本各地の山地の林下に生育する。[西田治文]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

イヌガンソクの関連キーワード胞子葉瓜坊箕踞亀足花鑢蛙手雁垂れ桑苺蓬壺馬蹄缶

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone