コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イヌビエ

百科事典マイペディアの解説

イヌビエ

イネ科の一年草。本州〜沖縄の湿地にきわめて普通にはえ,世界の熱帯〜暖帯に広く分布する。形に変化が多く,茎の高さもさまざまであるが,普通0.7〜1m。葉は線形で,葉身の基部に舌片はない。
→関連項目湿生雑草

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

イヌビエ
いぬびえ / 犬稗
[学]Echinochloa crus-galli Beauv.

イネ科の一年草。稈(かん)の基部は赤みを帯びて分枝し、株立ちして高さ0.8~1.2メートル。8~10月、数個の総状花序をつくる。小穂は2小花をもち、長さ3~4ミリメートル、剛毛が生える。第1包穎(ほうえい)は小さく、小穂の2分の1に満たない。第2包穎と第3穎は、やや小穂と同じ長さ。第4穎は革質で光沢がある。本州から沖縄にかけての水田の雑草で、世界の温暖地に広く分布する。名は、ヒエに似て役にたたないことによる。芒(のぎ)がなく全体がやや小さいのをヒメイヌビエ、水田に生え第1包穎が小穂の2分の1より長い変種をタイヌビエという。[許 建 昌]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のイヌビエの言及

【ヒエ(稗∥穇)】より

… なお,田畑に生えるヒエ属の雑草を,単にヒエと呼ぶこともある。これには,水田に生えるタイヌビエE.crusgalli (L.) Beauv.var.oryzicola (Vasing.) Ohwiや,湿った土地を好むイヌビエE.crusgalli (L.) Beauv.var.crusgalliやそれの多芒(たぼう)になった型のケイヌビエなどがある。【星川 清親】
[民俗]
 ヒエは《日本書紀》の一書に保食(うけもち)神の目から生じたとあり,に対してアワ,麦,豆とともに陸田種子(はたけつもの)とされている。…

※「イヌビエ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

イヌビエの関連キーワード脂肪酸生合成阻害型除草剤ヒエ(稗)帰化植物イネ科小穂雑草草稗秋稗野稗

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android