コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イヌビエ

2件 の用語解説(イヌビエの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

イヌビエ

イネ科の一年草。本州〜沖縄の湿地にきわめて普通にはえ,世界の熱帯〜暖帯に広く分布する。形に変化が多く,茎の高さもさまざまであるが,普通0.7〜1m。葉は線形で,葉身の基部に舌片はない。
→関連項目湿生雑草

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

イヌビエ
いぬびえ / 犬稗
[学]Echinochloa crus-galli Beauv.

イネ科の一年草。稈(かん)の基部は赤みを帯びて分枝し、株立ちして高さ0.8~1.2メートル。8~10月、数個の総状花序をつくる。小穂は2小花をもち、長さ3~4ミリメートル、剛毛が生える。第1包穎(ほうえい)は小さく、小穂の2分の1に満たない。第2包穎と第3穎は、やや小穂と同じ長さ。第4穎は革質で光沢がある。本州から沖縄にかけての水田の雑草で、世界の温暖地に広く分布する。名は、ヒエに似て役にたたないことによる。芒(のぎ)がなく全体がやや小さいのをヒメイヌビエ、水田に生え第1包穎が小穂の2分の1より長い変種をタイヌビエという。[許 建 昌]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のイヌビエの言及

【ヒエ(稗∥穇)】より

… なお,田畑に生えるヒエ属の雑草を,単にヒエと呼ぶこともある。これには,水田に生えるタイヌビエE.crusgalli (L.) Beauv.var.oryzicola (Vasing.) Ohwiや,湿った土地を好むイヌビエE.crusgalli (L.) Beauv.var.crusgalliやそれの多芒(たぼう)になった型のケイヌビエなどがある。【星川 清親】
[民俗]
 ヒエは《日本書紀》の一書に保食(うけもち)神の目から生じたとあり,に対してアワ,麦,豆とともに陸田種子(はたけつもの)とされている。…

※「イヌビエ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

イヌビエの関連キーワードワイルドライス黄釣船草葦沢小車稚児笹蓑米雀萱沼茅滑草雌刈萱

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone

イヌビエの関連情報