コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イネネクイハムシ

百科事典マイペディアの解説

イネネクイハムシ

ハムシ科の甲虫の1種。体長6mm内外,翅は茶色で銅紫色の光沢がある。日本,中国,台湾などに分布成虫は夏に発生,幼虫は水田または湿地の泥中にすみ,イネなどの根を害する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

イネネクイハムシ
いねねくいはむし / 稲根喰金花虫
[学]Donacia provosti

昆虫綱甲虫目ハムシ科に属する昆虫。本州、四国、九州のほか東シベリア、中国、台湾などに分布する。体長6ミリメートル内外。細形で肩が張り、後肢が長い。褐色であるが、背面は緑を帯びた銅光沢があり、触角各節の根元は黄褐色。成虫は6月末から現れ、ジュンサイなどを食べ、水中の葉に産卵する。幼虫はイネの根につく害虫で、尾端の爪(つめ)状突起を差し込んで植物から空気を取り込んで呼吸する。蛹(さなぎ)の繭も水中につくる。[中根猛彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のイネネクイハムシの言及

【イネクビホソハムシ】より

…成虫が越冬し,年1回の発生。なお同科のイネネクイハムシDonacia provostiの幼虫は水中で生活し,根を加害する。【林 長閑】。…

※「イネネクイハムシ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

イネネクイハムシの関連キーワード根喰葉虫

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android