コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イネネクイハムシ

2件 の用語解説(イネネクイハムシの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

イネネクイハムシ

ハムシ科の甲虫の1種。体長6mm内外,翅は茶色で銅紫色の光沢がある。日本,中国,台湾などに分布。成虫は夏に発生,幼虫は水田または湿地の泥中にすみ,イネなどの根を害する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

イネネクイハムシ
いねねくいはむし / 稲根喰金花虫
[学]Donacia provosti

昆虫綱甲虫目ハムシ科に属する昆虫。本州、四国、九州のほか東シベリア、中国、台湾などに分布する。体長6ミリメートル内外。細形で肩が張り、後肢が長い。褐色であるが、背面は緑を帯びた銅光沢があり、触角各節の根元は黄褐色。成虫は6月末から現れ、ジュンサイなどを食べ、水中の葉に産卵する。幼虫はイネの根につく害虫で、尾端の爪(つめ)状突起を差し込んで植物から空気を取り込んで呼吸する。蛹(さなぎ)の繭も水中につくる。[中根猛彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のイネネクイハムシの言及

【イネクビホソハムシ】より

…成虫が越冬し,年1回の発生。なお同科のイネネクイハムシDonacia provostiの幼虫は水中で生活し,根を加害する。【林 長閑】。…

※「イネネクイハムシ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

イネネクイハムシの関連キーワードコクヌストスカラベ稲象虫稲根喰葉虫猿葉虫瓜金花虫亀の子金花虫木食虫葉虫アズキゾウムシ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone