コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イネミズゾウムシ Lissorhoptrus oryzophilus

世界大百科事典 第2版の解説

イネミズゾウムシ【Lissorhoptrus oryzophilus】

甲虫目ゾウムシ科の昆虫(イラスト)。北アメリカ原産で,日本では1976年に愛知県の水田で発見されたのが最初である。この属は南・北アメリカに分布し,日本へ侵入した種を含め約5種がイネを加害する。イネミズゾウムシはアメリカではrice water weevilと呼ばれ,イネの害虫として恐れられている。幼虫は根を加害し,root maggotと呼ばれる。日本へは乾草についてもちこまれたと考えられている。成虫の背面は細かい灰褐色の鱗毛に覆われ,中央部は暗色を帯びる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

イネミズゾウムシ
いねみずぞうむし / 稲水象鼻虫
rice water weevil
[学]Lissorhoptrus oryzophilus

昆虫綱甲虫目ゾウムシ科に属する昆虫。北アメリカ東部に分布するイネの害虫であるが、1976年(昭和51)愛知県常滑(とこなめ)市の水田で発見され、以後各地に分布を拡大している。体長2.5~3.8ミリメートル。肩が張って角張り、前後は細まる。体は褐色で体表は灰色の鱗片(りんぺん)で覆われ、灰褐色のぼんやりした斑(ふ)がある。触角、脚(あし)(ふせつ)は赤褐色。春から現れてイネの葉を食べ、縦の食べ跡をつける。水上でも水中でもよく活動し、幼虫は水中でイネの根を食べ、鉤(かぎ)状に突き出た呼吸管を植物に突き刺して呼吸する。[中根猛彦]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

イネミズゾウムシの関連キーワードカーバメート殺虫剤植物検疫

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android