コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イバラガニ(英語表記)Lithodes turritus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

イバラガニ
Lithodes turritus

軟甲綱十脚目タラバガニ科。甲長,甲幅とも 15cmほどで,一般的な外形はタラバガニによく似ている。甲は紫褐色,とげや甲縁,鋏脚,歩脚は紅赤褐色で,別名アカガニとも呼ばれる。各甲域のとげは,幼若個体では針状であるが,老成すると円錐形となる。房総半島から土佐湾までの水深 300~600mに産する。日本産の近縁種にはイバラガニモドキ L. aequispina,ハリイバラガニ L. longispina,キタイバラガニ L. couesi があるが,いずれも多産せず,水産上それほど重要ではない。(→甲殻類十脚類節足動物軟甲類

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

イバラガニ

アカガニとも。タラバガニ科の甲殻類。カニ型だがヤドカリ類に属する。タラバガニに似るが歩脚はより細くて長く,伸ばすと1mくらい。額の先端に叉(さ)状の突起をもち,色はピンク。甲長・甲幅ともに15cmくらい。日本固有種で,相模湾〜土佐湾の水深300〜600mの海底にすむ。食用だが水産上の価値は低い。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

イバラガニ
いばらがに / 荊蟹
[学]Lithodes turritus

節足動物門甲殻綱十脚(じっきゃく)目タラバガニ科に属する大形のカニ。タラバガニと誤称されることもあり、また色彩からアカガニとよばれることもある。成体では甲の胃域と心域に各4個、鰓域(さいいき)に2個、側縁に8個、後縁に4個の突起があるが、若い個体では長くて針状である。額角(がっかく)は水平に突出して先端が二叉(にさ)しているが、若い個体では相対的に長い。相模(さがみ)湾から土佐湾までの水深300~600メートルにすむ日本固有種で、甲幅20センチメートルに達するが、漁獲対象とされるほど多くなく、また歩脚が細くて肉量が少なく肉質もよくない。近縁のハリイバラガニL. longispinaは、成体でもとげが長く、額角が斜め上方を向いている。イバラガニモドキL. aequispinaは、イバラガニと同様に成長につれてとげは短い突起状となる。[武田正倫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android