イヒチオール

百科事典マイペディア「イヒチオール」の解説

イヒチオール

外用薬。イヒチオールスルホン酸アンモニウムの通称。日本薬局方名イクタモール地質時代魚類残骸を含むヨーロッパ産歴青質ケツ岩の乾留によるイヒチオール油から製する。黒褐色粘液で,消炎,組織軟化・粘滑作用があり,慢性湿疹,やけど,打撲傷,腰痛関節炎などに用いられる。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

精選版 日本国語大辞典「イヒチオール」の解説

イヒチオール

〘名〙 (Ichthyol) 防腐、消炎、鎮痛剤。オーストリアのチロル地方産の、太古の魚類などの残骸をふくむ瀝青質岩を乾留し、濃硫酸で中和したもの。黄褐色の油状の液体で、焦性の特異な臭気がある。イクタモール。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

筍梅雨

《伊勢・伊豆地方の船乗りの言葉から》たけのこの出る陰暦4、5月ごろに吹く南東風のこと。湿気が多く、雨を伴うことが多い。筍流し。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android