コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イヒチオール 〈ドイツ〉Ichthyol

デジタル大辞泉の解説

イヒチオール(〈ドイツ〉Ichthyol)

黄褐色の油状の液体。古代の海中生物の化石成分からとり出される。消炎殺菌剤として使用。イクチオール。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

イヒチオール

外用薬。イヒチオールスルホン酸アンモニウムの通称。日本薬局方名イクタモール地質時代魚類残骸を含むヨーロッパ産歴青質ケツ岩の乾留によるイヒチオール油から製する。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

イヒチオール【Ichthyol】

太古の魚類・海獣の残骸を含む瀝青質頁岩けつがんを乾留して得た油状のタールに、濃硫酸を加えて得られる暗褐色の粘稠液。特異なにおいがある。消炎剤やかゆみ止めとして皮膚疾患などに外用される。イクタモール。商標名。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

イヒチオールの関連キーワードパウル・G. ウンナ濃硫酸黄褐色消炎剤暗褐色においタール海獣外用太古

今日のキーワード

MERY

ファッション情報を中心とした女性向けデジタルメディア。運営元は株式会社MERY。2013年、株式会社ペロリによって創設された。同社が株式会社ディー・エヌ・エーの子会社となった14年以降も運営は継続され...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android