コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イブネ・ヤミーン イブネ・ヤミーンIbn-e Yamīn, Amīr Maḥmūd

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

イブネ・ヤミーン
Ibn-e Yamīn, Amīr Maḥmūd

[生]1286. ホラーサーン,ファルユーマド
[没]1368
ペルシアの詩人。地主で詩人であった父の影響で早くから作詩を始め,のちに宮廷詩人としてサルバダール政権下の貴族に仕えた。戦乱で前期の 1342年までの詩集は失われ,現存の『イブネ・ヤミーン詩集』 Dīwān-e Ibn-e Yamīnはそれ以降の作品である。哲学,倫理,神秘主義的な断片詩「キタ」 qiṭ`ahにすぐれ,当時の混乱した世相をよく反映した詩で知られる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

イブネ・ヤミーン
いぶねやみーん
Ibn-e Yamn
(1287―1368)

ペルシアの詩人。イラン東部のホラサーン地方で詩人の子として生まれる。同地方のサルバダール朝やクルト朝に宮廷詩人として仕えた。約5000句からなる『イブネ・ヤミーン詩集』は断片詩からなる詩集で、この分野で高い地位を占める。現存する詩集は晩年の作品で、それ以前の作品は戦乱で散逸した。彼の詩には警句が多く含まれ、当時の世相をよく反映していることで名高い。[黒柳恒男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

イブネ・ヤミーンの関連キーワードエーリック6世安喜門院藤原為氏無学祖元覚如安喜門院遠渓祖雄大仏維貞示導信昭(1)