イリガン(英語表記)Iligan

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

イリガン
Iligan

フィリピン,ミンダナオ島北部,イリガン湾東岸にある市。ラナオデルノルテ州州都。 20世紀初期から周辺の農業開発が進み,港町として発達。 1950年代には,西方を流れるアグス川のマリアクリスティナ滝の発電所から電力を受けて,重工業建設が進んだ。電気製鋼カーバイド,鉄合金,セメント製粉などの近代的な工場があり,銑鋼一貫工場の建設なども計画されている。内陸のマラウイを経てコタバトダバオ自動車道が通じる。人口 22万 7000 (1990推計) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

イリガン【Iligan】

フィリピン,ミンダナオ島北岸のイリガン湾に臨む工業都市。人口27万3000(1995)。第2次大戦前までは一港町にすぎなかったが,1950年代以降アグス川下流のマリア・クリスティーナ滝電源開発を基礎に重化学工業建設が進められ,“フィリピンのピッツバーグ”となることが期待されている。現在,製鉄,鉄合金,肥料,カーバイドなどの工場が操業中。ブームの町だけに人口増加が激しく,1948年の2万6000から95年には10倍余に増加した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android