コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イリガン イリガン Iligan

3件 の用語解説(イリガンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

イリガン
イリガン
Iligan

フィリピン,ミンダナオ島北部,イリガン湾東岸にある市。ラナオデルノルテ州の州都。 20世紀初期から周辺の農業開発が進み,港町として発達。 1950年代には,西方を流れるアグス川のマリアクリスティナ滝の発電所から電力を受けて,重工業の建設が進んだ。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

イリガン(Iligan)

フィリピン南部、ミンダナオ島北部の港湾都市。イリガン湾に面する。1950年代以降、アグス川水系に多くの水力発電所が建設され、同国南部の代表的な工業都市に発展した。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

イリガン【Iligan】

フィリピン,ミンダナオ島北岸のイリガン湾に臨む工業都市。人口27万3000(1995)。第2次大戦前までは一港町にすぎなかったが,1950年代以降アグス川下流のマリア・クリスティーナ電源開発を基礎に重化学工業建設が進められ,“フィリピンピッツバーグ”となることが期待されている。現在,製鉄,鉄合金,肥料,カーバイドなどの工場が操業中。ブームの町だけに人口増加が激しく,1948年の2万6000から95年には10倍余に増加した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

イリガンの関連キーワードスリガオミンダナオ海溝ミンダナオ島フィリピン諸島フィリピン鷲ナヨンピリピーノフィリピンの金新人民軍(NPA)フィリピン・ミンダナオ紛争ラナオ[湖]

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

イリガンの関連情報