コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イロカノ族 イロカノぞく Ilocano; Ilokano

2件 の用語解説(イロカノ族の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

イロカノ族
イロカノぞく
Ilocano; Ilokano

フィリピンのルソン島北西部イロコス地域を本拠とするマレー系の一民族。スペインによる統治が始った頃は,ほとんどイロコス地域に居住していたが,現在では東方のカガヤン川流域,南方のリンガエン湾後背地にまで及び,ミンダナオ島ハワイへの移住も多い。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

イロカノぞく【イロカノ族 Ilokano】

フィリピンのいわゆる平地キリスト教民の一グループで,ルソン島北部の西海岸のイロコス・ノルテ,イロコス・スール両州およびカガヤン河谷などに住み,イロカノ語を話す。人口約468万(1975)で,セブアーノ族タガログ族に次いで第3位,総人口の11%を占める。その性向は他の諸族に比して勤勉で忍耐強く,生活は質素で倹約家であるといわれる。料理にはイワシなどの小魚を塩漬にしたバゴオン呼ばれる調味料を頻繁に用い,野菜を煮ておかずとすることを好む。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

イロカノ族の関連キーワードタガログ族ビサヤ族比国フィリピン海プレートフィリピン諸島フィリピン鷲マレーシアとフィリピンセブアーノ族ビコル族モロモロ

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone