コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イワフジツボ イワフジツボ Chthamalus challengeri

3件 の用語解説(イワフジツボの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

イワフジツボ
イワフジツボ
Chthamalus challengeri

顎脚綱無柄目イワフジツボ科 Chthamalidae(→フジツボ類)。直径 1cm以下の小型種。表面に縦走肋が走るが,風波による浸食が激しく,不明確な場合が多い。北海道南部から鹿児島県種子島まで分布し,満潮線付近の岩の表面をびっしり覆う。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

イワフジツボ【Chthamalus challengeri】

外洋および内湾の岩礁の満潮線付近に多数密集して着生している小型のフジツボ(イラスト)。甲殻綱イワフジツボ科。殻は直径1cm以内で円錐形をしている。殻口は殻の大きさに比べて大きく,周囲には少数の不規則な放射肋がある。殻の外面は灰白色をしているが,内面は藤紫色をしている。北海道南西部以南に分布し,各地の沿岸にふつうに見られる。近似種オオイワフジツボC.pilsberyiは殻も大きく扁平で,直径1~1.8cmくらい,本州中部以南の太平洋岸の外洋に面した波の荒い岩礁に限り,イワフジツボよりも高所に着生する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

イワフジツボ
いわふじつぼ / 岩藤壺・岩富士壺
[学]Chthamalus challengeri

節足動物門甲殻綱完胸目イワフジツボ科に属する海産動物。外洋に面した岩礁の高潮線付近の岩、あるいは中・低潮帯にある大きな岩石の上部に群生する。殻径8ミリメートル以下のフジツボで、長時間の露出によく耐える。個体数が少ないと円錐(えんすい)形で縦肋(じゅうろく)がはっきりしているが、密集すると円筒形に近くなる。北海道南西部から鹿児島県種子島(たねがしま)まで分布するが、波が荒い場所には近縁種でやや大形のオオイワフジツボCh. pilsbryiもみられる。また、吐(とから)列島以南にはミナミイワフジツボCh. malayensisが分布する。[武田正倫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

イワフジツボの関連キーワード沿岸水ケヤリムシ潮間帯ホンヤドカリムチモ(鞭藻)海髪鬼草杉海苔ちがいそ鹿尾菜

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

イワフジツボの関連情報