イワ・クスマ・スマントリ(英語表記)Iwa Kusuma Sumantri

世界大百科事典 第2版の解説

イワ・クスマ・スマントリ【Iwa Kusuma Sumantri】

1899‐1971
インドネシアの政治家。西部ジャワの貴族出身。ライデン大学法学部に在学中,民族主義的な留学生会インドネシア協会の委員長もつとめた。1925年卒業後,2年近くモスクワに滞在し,《インドネシアの農民運動》を国際農民同盟から刊行。帰国後弁護士を開業し,インドネシア国民党員として独立運動に従事したため,オランダ政庁によりバンダネイラ島,次いでマカッサルへ約12年間追放される。日本軍政期にはジャカルタの海軍武官府とも接触をもち,独立準備委員会の委員にも任命された。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

カジノ解禁

石原慎太郎・東京都知事が1999年に臨海副都心のお台場への誘致を表明して以来、解禁論が何度も浮上してきた。カジノは刑法で禁止されているが、地方自治体には観光活性化や地域振興のために認めるべきだとの声が...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android