インシデント・プロセス(英語表記)incident process

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「インシデント・プロセス」の解説

インシデント・プロセス
incident process

マサチューセッツ工科大学のピゴーズ教授夫妻の開発した,事例研究法による教育訓練技法の一つ。次の5つの段階を経て経営管理上の諸問題を学習できるよう仕組まれている。 (1) 小さなインシデント (出来事) の提示,(2) 参会者による必要な情報の収集整理,(3) 当面解決すべき問題は何か,すなわち問題の提起,(4) 個々の参会者による解決策の決定およびその理由の明示,続いて参会者全員による討議,(5) この事例から何を学んだかについて全員による討議およびリーダーによる解説。この方法は段階的に区切りがつけられ,学習事項が明確にされるのが特色であり,特に意思決定の訓練としてすぐれている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

人材マネジメント用語集「インシデント・プロセス」の解説

インシデント・プロセス

incident process
・実際の事例を示し、以下の5ステップでケースを検討することで自分自身として事態の改善を図る当事者としての意識向上と処理能力の向上を図る。
①インシデント(出来事)を理解する。②事実を収集する。③解決すべき問題を確定する。④意思決定と理由付け。⑤反省を通した状況把握
※ケース・メソッドが洞察力・判断力向上を狙いにするのに対し、インシデント・プロセスは処理能力の向上を狙いとする。

出典 (株)アクティブアンドカンパニー人材マネジメント用語集について 情報

今日のキーワード

羂索

《「羂」はわなの意で、もと、鳥獣をとらえるわなのこと》5色の糸をより合わせ、一端に環、他端に独鈷杵(とっこしょ)の半形をつけた縄状のもの。衆生救済の象徴とされ、不動明王・千手観音・不空羂索観音などがこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android