インジカン(英語表記)indican

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

インジカン
indican

(1) 化学式 C14H7NO6 。アイ (タデ科) ,タイセイ (アブラナ科) ,ナンバンコマツナギ (マメ科) などの植物の葉に含まれるインドキシル配糖体。白色絹糸状晶,融点 176~178℃。希酸またはβ-グルコシダーゼで加水分解されてインドキシル (黄色) とグルコースに分離する。インドキシルは容易に空気酸化されて青色のインジゴになる。 (2) 臨床医学上は哺乳類の尿中に排泄されるインドキシル硫酸カリウム C8H6NSO4K のことをインジカンという。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android