インスタントメッセンジャー(読み)いんすたんとめっせんじゃー(英語表記)Instant Messenger

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

インスタントメッセンジャー
いんすたんとめっせんじゃー
Instant Messenger

ネットワーク(LAN(ラン)、インターネットなど)に接続している端末間で、直接メッセージなどを送受信できるようにするアプリケーションソフトウェア。インターネットの黎明(れいめい)期から存在し、その草分けとして1996年にイスラエルのミラビリス社Mirabilis(AOLが1998年に買収)の開発した「ICQ」というソフトウェアが有名である。IMクライアントともよばれる。かつてはソフトウェア上でIPアドレスを直接指定し、LAN内でP2P(ピアツーピア)でメッセージの送受信を行うソフトウェアも存在したが、現在ではサーバー側でアカウントを管理し、ルーターを超えてインターネット上での情報の送受信を行うものが一般的となっている。当初はネットワークに接続された端末間でテキストメッセージをやりとりするだけであったが、その後、P2Pでのファイル送信、チャットなどの機能も加えられた。端末間で直接やりとりするメッセージはインスタントメッセージIM)とよばれ、インスタントメッセンジャーの主機能である。

 それまでも存在していたネットワーク上のコミュニケーションの手段である電子メール、掲示板、チャットとの違いは、相手のオンライン状況が確認でき、リアルタイムでのメッセージやファイルなどの送受信ができることにあった。

 端末は当初、PC(パソコン)のみであったが、その後インターネットに接続できる機器が広がったことから、現在ではPC、携帯電話、スマートフォン、タブレットなどさまざまな端末で利用することができる。

 インスタントメッセンジャーの代表的なものとしてはWindows Messenger(ウィンドウズメッセンジャー)(MSNメッセンジャーとして登場。のちにスカイプSkypeと統合)やGoogle Talk(グーグルトーク)がある。

 Skype、ラインLINE、バイバーViberなどはインスタントメッセンジャーの発展形で、ソフトウェアというよりは通話機能(ボイスチャット、ビデオチャット)やソーシャルコミュニケーション機能などを備えた総合的なサービスといえる。ツイッターTwitterやフェイスブックFacebookをはじめとするSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)とも連携するなどその機能の多様さから、これらがインスタントメッセンジャーとよばれることは一般的にはない。

[編集部 2016年9月16日]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

インスタントメッセンジャー

インターネットに接続したコンピューター同士で、チャットや動画などのメッセージを直接やり取りできるようにするサービス。電子メールと異なり、登録した相手が現在インターネットに接続しているかがわかり、リアルタイムにメッセージを交換できる。「ICQ」や「Windows Messenger」「Yahoo!メッセンジャー」などが有名。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

IT用語がわかる辞典の解説

インスタントメッセンジャー【instant messenger】

インターネットなどのコンピューターネットワークを通じて、複数の利用者と文字による短いメッセージのやり取りをするソフトウェア。相手が応答可能な状態ならばリアルタイムでメッセージのやり取りができる。◇頭文字から「IM」ともいう。また、「IMクライアント」ともいう。

出典 講談社IT用語がわかる辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

インスタント‐メッセンジャー(instant messenger)

コンピューターネットワークにつながった複数のコンピューターで、リアルタイムにメッセージのやり取りができるアプリケーションソフト。インスタントメッセージ。IM。IMクライアント。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

物言う株主

上場企業の経営に自らの考えを表明して積極的に関わる株主。株主総会で独自の議案を提出したり、役員などを送り込んだりして経営改革を迫ることもある。アクティビスト。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android