コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

インターリッジ計画 インターリッジけいかく

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

インターリッジ計画
インターリッジけいかく

中央海嶺を学際的,国際的に研究する計画。インターリッジ国際海嶺研究計画機構 International Cooperation in Ridge-Crest Studiesが提唱。中央海嶺において,地形,地球物理,岩石,生物などさまざまな観点での調査を行なう際に,単独国では実施が難しい計画立案や情報交換,技術・装置の共同利用について,国際的協力のもとに促進することを目的とする。1992年頃から本格的に始動し,アメリカ合衆国,イギリス,中国,ドイツ,日本,フランスなどを代表とする約 30ヵ国の研究者が関与するようになった。日本は 1993年にアメリカ,イギリス,フランスの研究者を招待し,東京大学海洋研究所の海洋観測船『白鳳丸』でインド洋中央海嶺の 3重点付近で調査を行なうなど,多くの航海で参画している。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

インターリッジ計画【インターリッジけいかく】

中央海嶺の観測を目的とした国際計画。もともとは米国独自で行ってきた観測計画を国際化したもの。すでに,米国・フランス共同のFARA(1991年)などの計画が発表されている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

インターリッジ計画の関連キーワードしんかい6500

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android