海洋観測船(読み)かいようかんそくせん(英語表記)oceanographic observation vessel

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

海洋観測船
かいようかんそくせん
oceanographic observation vessel

海上を航行しながら,あるいは一点に静止して,海水,海流水産物海底などの調査(→海洋観測)を行なう船舶(→特殊船)。海洋調査船ともいう。1872~76年に世界一周海洋探査を行ない,海洋学の基礎を築いたイギリスのチャレンジャー号が有名。日本のおもな観測船は,海上保安庁測量船拓洋』,海洋研究開発機構の学術研究船『白鳳丸』,地球深部探査船ちきゅう』など。海上で気象観測も行なう海洋気象観測船は気象庁所属。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

海洋観測船【かいようかんそくせん】

海洋観測を行うための船。1000トン内外のものが多かったが,旧ソ連のクルチャトフ号(6800トン),ドイツのアルタイル号(4000トン),英国のディスカバリーII号(2100トン)などの大型船も利用されている。また,砕氷設備をもった旧ソ連のオビ号(1万2500トン)やドイツのポーラーシュテルン(1万1000トン),海上の地磁気を測るため非磁気構造をもった旧ソ連のザリヤ号など特殊なものもある。海中への測器の昇降のためのウィンチ,資料保存・解析室,実験室,コンピューターを備える。日本では気象庁の凌風丸(1200トン),海上保安庁の拓洋(770トン),水産庁の開洋丸(2539トン),東京水産大学の海鷹丸(1387トン),東京大学海洋研究所の白鳳丸(3225トン)など。
→関連項目ジョイデス・レゾリューションマルチ・ナロービーム音響測深機

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典内の海洋観測船の言及

【海洋観測】より

…各種の現場測定が行われる。(2)海洋観測船 海洋の調査分析を行う施設をもち,自由に移動できるため海洋観測のもっとも重要なプラットフォームとなっている。各種の採水器採泥器,ネットによる採集や,GEK,BT(バシサーモグラフ),CTDによる流向流速,水温,塩分,溶存酸素などの現場測定,音波を利用した海底下の構造の遠隔測定(音波探査)を行う。…

※「海洋観測船」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

日米安全保障条約

1951年9月8日に対日講和条約と同時に署名された「日本国とアメリカ合衆国との間の安全保障条約」Security Treaty between Japan and the United States ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android