コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

海洋観測船 かいようかんそくせんoceanographic observation vessel

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

海洋観測船
かいようかんそくせん
oceanographic observation vessel

海上を航行しながら,あるいは一点に静止して,海水,海流水産物海底などの調査(→海洋観測)を行なう船舶(→特殊船)。海洋調査船ともいう。1872~76年に世界一周海洋探査を行ない,海洋学の基礎を築いたイギリスのチャレンジャー号が有名。日本のおもな観測船は,海上保安庁測量船拓洋』,海洋研究開発機構の学術研究船『白鳳丸』,地球深部探査船『ちきゅう』など。海上で気象観測も行なう海洋気象観測船は気象庁所属。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

海洋観測船【かいようかんそくせん】

海洋観測を行うための船。1000トン内外のものが多かったが,旧ソ連のクルチャトフ号(6800トン),ドイツのアルタイル号(4000トン),英国のディスカバリーII号(2100トン)などの大型船も利用されている。
→関連項目ジョイデス・レゾリューションマルチ・ナロービーム音響測深機

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典内の海洋観測船の言及

【海洋観測】より

…各種の現場測定が行われる。(2)海洋観測船 海洋の調査分析を行う施設をもち,自由に移動できるため海洋観測のもっとも重要なプラットフォームとなっている。各種の採水器採泥器,ネットによる採集や,GEK,BT(バシサーモグラフ),CTDによる流向流速,水温,塩分,溶存酸素などの現場測定,音波を利用した海底下の構造の遠隔測定(音波探査)を行う。…

※「海洋観測船」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

海洋観測船の関連キーワードチャレンジャー海淵インターリッジ計画ベヨネース列岩ビーチャジ海淵タスカロラ海淵水温[海水]メテオール号原子力研究所エムデン海淵トンガ海溝原子力船調査船みらい

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

海洋観測船の関連情報