コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

インディアカ インディアカindiaca

3件 の用語解説(インディアカの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

インディアカ(indiaca)

バドミントンのダブルスコートで四人または六人ずつの2チームネットをはさんで向かい合い、赤い4枚の羽の付いたボール手のひらで打ち合うスポーツ。1930年代後半にドイツの体育教師カールハンス=クロンが、ブラジルの伝統的ゲームペテカ」をもとに考案。ペテカのルーツが南米インディアンの遊びであることからの名。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

インディアカ

羽根付きの平たいボールを,バレーボールに準じて,素手で打ち合うゲーム。専用ボールは〈インディアカ〉と呼ばれ,バドミントンの羽根を大きくしたような形状をもつ。1936年,ブラジルの伝統的なゲーム〈ペテカpeteca〉にヒントを得て,ドイツのスポーツ教師クローンKarlhans Krohnが考案。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

インディアカ【indiaca】

羽根のついた平たいボールを素手で打ち合うゲーム。ドイツのスポーツ教師クローンKarlhans Krohnが,1936年にブラジルの伝統的なゲーム〈ペテカpeteca〉にヒントを得て考案した。ペテカは,砂やおがくずを詰め込んだ円錐形の基体に大きな七面鳥の羽根3枚をつけて打ち合って遊ぶもの。その古い形態は,ボリビアインディオトウモロコシの葉を束ねて作ったボールであるという。インディアカは,70年以来盛んになった旧西ドイツトリム運動(体力づくり運動)の中で取り上げられて発展。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

インディアカの関連情報