コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

インドメタシン中毒 いんどめたしんちゅうどく

家庭医学館の解説

いんどめたしんちゅうどく【インドメタシン中毒】

 関節リウマチ(「関節リウマチ」)や膠原病(こうげんびょう)などの治療薬であるインドメタシンは、使用頻度が高く、一般用薬にも使われています。
[症状]
 吐(は)き気(け)・嘔吐(おうと)、腹痛、下痢(げり)、胃(い)・十二指腸潰瘍(じゅうにしちょうかいよう)、胃腸の穿孔(せんこう)・出血急性膵炎(きゅうせいすいえん)がおこります。
 前頭部痛、めまい、眠け、昏迷(こんめい)、うつ状態、幻覚なども現われます。
 じんま疹(しん)などの発疹(ほっしん)、ぜんそく発作がおこることもあります。
[治療]
 初期治療(「医師が行なう中毒の初期治療」)の胃洗浄を行ない、吸着剤の活性炭を使用します。
 また、胃腸からの出血には、H2受容体遮断薬を使用します。

出典 小学館家庭医学館について 情報

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android