コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

インドメタシン中毒 いんどめたしんちゅうどく

1件 の用語解説(インドメタシン中毒の意味・用語解説を検索)

家庭医学館の解説

いんどめたしんちゅうどく【インドメタシン中毒】

 関節リウマチ(「関節リウマチ」)や膠原病(こうげんびょう)などの治療薬であるインドメタシンは、使用頻度が高く、一般用薬にも使われています。
[症状]
 吐(は)き気(け)・嘔吐(おうと)、腹痛、下痢(げり)、胃(い)・十二指腸潰瘍(じゅうにしちょうかいよう)、胃腸の穿孔(せんこう)・出血、急性膵炎きゅうせいすいえん)がおこります。
 前頭部痛、めまい、眠け、昏迷(こんめい)、うつ状態、幻覚なども現われます。
 じんま疹(しん)などの発疹(ほっしん)、ぜんそく発作がおこることもあります。
[治療]
 初期治療(「医師が行なう中毒の初期治療」)の胃洗浄を行ない、吸着剤の活性炭を使用します。
 また、胃腸からの出血には、H2受容体遮断薬を使用します。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。この事典によって自己判断、自己治療をすることはお止めください。あくまで症状と病気の関係についてのおおよその知識を得るためのものとお考えください。

インドメタシン中毒の関連キーワード筋肉リウマチ慢性関節リウマチリウマチリウマチ熱リウマチ様関節炎膠原病(こうげんびょう)関節リウマチリウマトイド因子リウマチ因子ブイヨーの法則

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone