コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

インナーキャビネット inner cabinet

デジタル大辞泉の解説

インナー‐キャビネット(inner cabinet)

内閣の少数の有力閣僚による会議。閣内の迅速かつ重要な意思決定のために設けられる。第一次大戦中に英国首相ロイド=ジョージが設けて有名となる。閣内内閣

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

インナーキャビネット【inner cabinet】

イギリスの内閣で、有力閣僚から構成される小内閣。本来は非常時にのみ構成したが、政治の複雑化に伴い制度化された。転じて、少数の有力閣僚で構成される協議会。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

インナーキャビネットの関連キーワードインナー・キャビネットソ連邦閣僚会議内閣(日本)関係閣僚会議非常時

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android