コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

インノケンチウス9世 インノケンチウスきゅうせいInnocentius IX

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

インノケンチウス9世
インノケンチウスきゅうせい
Innocentius IX

[生]1519.7.20. ボローニャ
[没]1591.12.30. ローマ
ボローニャ出身の第230代教皇在位 1591.10.~12.)。本名 Giovanni Antonio Fachinetti。ナポリ王国のニカストロの司教として,1562年のトリエント公会議に出席した。1566年,教皇大使としてベネチアへ派遣された。次いで教皇グレゴリウス13世(在位 1572~85)の命により,プロテスタント教会の教義と戦うローマの宗教裁判所で働いた。1576年,グレゴリウス13世によりエルサレム総大司教に任命され,1583年に枢機卿(→カーディナル)に叙された。病弱だった教皇グレゴリウス14世(在位 1590~91)のもとであらゆる実務に携わり,その死後,教皇に選出された。一時的な登位と受け止められていたが,実際に 2ヵ月後に死去した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

インノケンチウス9世の関連キーワードマクシミリアン[1世]マクシミリアン1世マクシミリアンムルナーカトリーヌドメディシスマクシミリアンシャンボール城マクシミリアン1世メディチ家コムニダーデスの乱

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android