インファントスクール(英語表記)infant school

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

インファントスクール
infant school

イギリスの幼児教育機関。 1816年 R.オーウェンによる貧困労働者の子女のための幼児教育施設が発端。創設以後,次第に普及発達し,24年には Infant School Societyが組織され,海外にも広く影響を与えた。現在 1944年法に基づき,初等教育 (12歳未満) に属し,ナースリースクール nursery school (5歳未満) の上に接続して5~7歳児を収容 (7~11歳児は junior school) 。幼児数によって初等学校の一部か,あるいは別個の学校になる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android