インファント・スクール(英語表記)infant school

世界大百科事典 第2版の解説

インファント・スクール【infant school】

イギリスの幼児教育機関。起源は1816年R.オーエンが自分の工場のそばにつくった〈性格形成学院〉の一部をなす予備学校。その前身は子どもの共同遊び場。産業革命によってひきおこされた労働者家族の悲惨な生活が幼児の心身発達に及ぼす悪影響を防止することを意図した。1824年ウィルダースピンS.Wilderspinが結成したインファント・スクール協会が,その普及に果たした役割は大きい。40年から国庫補助金を受け,76年教育法により世界にまれな5歳児以上の義務就学の受入機関となった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のインファント・スクールの言及

【幼稚園】より

…その名のとおり,フレーベルの幼児教育は,〈遊びと作業〉を中心とする幼児の自己活動を重んじるものであった。これより先1816年,イギリスのR.オーエンが労働者の子女を対象として創設した幼児学校infant schoolをその起源とする見方もある。その後,フレーベル正統派に対し,とくにアメリカで自然尊重や自由遊戯重視の考えから幼稚園改革がすすめられた。…

※「インファント・スクール」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android