カッテンダイケ(英語表記)Kattendijke, Willem Johan Cornelis

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

カッテンダイケ Kattendijke, Willem Johan Cornelis

1816-1866 オランダの軍人。
1816年1月22日生まれ。安政4年(1857)幕府が注文したヤーパン号(のち咸臨(かんりん)丸)で来日。長崎海軍伝習所榎本武揚(たけあき),勝海舟ら伝習生を教育した。6年伝習所閉鎖のため帰国。のち海相となり,内田正雄,西周(あまね)らのオランダ留学の際,研修の斡旋(あっせん)につとめた。1866年2月6日死去。50歳。カッテンディーケとも。著作に「長崎海軍伝習所の日々」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

カッテンダイケ【Willem Johan Cornelis Kattendijke】

1816‐66
オランダの海軍士官。江戸幕府がオランダに注文した軍艦ヤパン号(咸臨丸)を回航して1857年(安政4)長崎に来航。長崎の海軍伝習所で1年余り第2次教育班長として勝海舟,榎本武揚や諸藩の伝習生を教育,日本海軍の創設に尽力した。帰国後,61年海相となり,内田恒次郎,西周ら留学生の研究を斡旋,また開陽丸の建造にも尽力した。《日本滞在日記抄》(《長崎海軍伝習所の日々》)がある。【片桐 一男

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

カッテンダイケ【Willem Johan Cornelis Kattendijke】

1816~1866) オランダの海軍軍人。幕府の招きで1857年来日。海軍伝習所で勝海舟・榎本武揚らを教育、日本海軍の創設に尽力。カッテンディーケ。著「長崎海軍伝習所の日々」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

上意下達

上位の者や上層部の命令・意向を、下に伝えること。⇔下意上達。[補説]この語の場合、「下」を「げ」とは読まない。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android