コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

インプラントの話 いんぷらんとのはなし

家庭医学館の解説

いんぷらんとのはなし【インプラントの話】

 インプラントは、日本語では埋植(まいしょく)あるいは嵌植(かんしょく)と呼ばれ、金属やセラミック、ハイドロキシアパタイトなどの材料からなる人工材品を使って、失われた歯の代用をさせる治療法のことをいいます。
 現在商品化されているインプラント材料はチタンが主流で、世界中では100を超える種類が販売されています。
 インプラントには、骨の中に埋め込む骨内(こつない)インプラント、骨の上にのせる骨膜下(こつまくか)インプラント、動揺の激しい歯を固定する歯内骨内(しないこつない)インプラントなどの方法がありますが、現在では骨内インプラントが中心となっています。
 骨内インプラントは、顎骨内(がくこつない)に穴を開け、人工の歯根(しこん)を埋めて機能させるわけですから、整形外科の人工関節などと同じと考えられます。
 人工関節はからだの中に埋め込まれて使われるのですが、歯科インプラントの場合は、口腔粘膜上皮(こうくうねんまくじょうひ)に飛び出ているので、上皮が常に欠損状態にあるというリスクがあります。ただし、口腔内は唾液(だえき)によって常に潤い、洗浄されているので、ある程度、異物を容認できる能力をもっています。
 インプラントは、医師の技術、受け入れ側の状態、術後のケアのしかたなどによって、その寿命が左右されます。寿命が数十年という長期の報告例(海外)もありますが、手術後、早い時期に除去されることも多いのが現状です。
 また、誰でもこの治療が簡単に受けられるものでもありません。外科的手術が必要なため、傷の治りを妨げるような病気のある人(たとえば糖尿病など)やメンテナンス(清掃)のできない人などにはむいていません。
 骨の質が悪い人(骨粗鬆症(こつそしょうしょう)のある人)、骨の量が不十分な人などでも、この治療法を受けることはむずかしいといえます。よく専門家の説明を聞き、納得してから治療を受けることがたいせつです。
 最後に、インプラントと天然歯のもっとも大きなちがいは、インプラントには感覚機構がないために、かんだ感じや痛みなどが天然歯と基本的に異なることです。このようなことから、インプラント治療は、これらのことを理解した人のみ行なえる治療といえるでしょう。

出典|小学館家庭医学館について | 情報

インプラントの話の関連キーワード歯の欠損と補綴の方法不正咬合

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android