コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウアンボ Huambo

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ウアンボ
Huambo

旧称ノバリスボア Nova Lisboa。アンゴラ中西部の都市。ウアンボ州の州都。大西洋岸のロビトから東南東に約 240km,ビエ高原の標高 1700mに位置する。 1912年アンゴラの首都にする予定で建設された。快適な気候に恵まれ,周辺は豊かな農業地帯で,トウモロコシ,コムギ,イネ,果樹などの栽培と牧畜が行われ,それらの集散,加工の中心地である。アフリカ有数の鉄道修理工場,国際空港がある。人口 20万 3000 (1983) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ウアンボ(Huambo)

アンゴラ中西部の都市。旧称ノバリジュボア。標高約1700メートルのビエ高原に位置する。20世紀初頭、ポルトガル人による計画都市として建設された。交通の要地で、大西洋岸の港湾都市ベンゲラロビトからコンゴ民主共和国内陸部を結ぶ鉄道路上にある。フアンボ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

ウアンボの関連キーワードノバ・リズボアクネネ川

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android