コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウィテリウス Vitellius, Aulus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ウィテリウス
Vitellius, Aulus

[生]15
[没]69. ローマ
ローマ皇帝 (在位 69) 。 48年執政官 (コンスル ) 。アフリカ総督を経て,68年には下ゲルマニア軍を指揮。翌年ネロ帝死後の混乱の最中,部下から推されて帝位を宣言。ガルバ帝を倒した M.オトーを破って,69年7月ローマに凱旋したが,東方のウェスパシアヌスの進撃に敗れ,捕えられて虐殺された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ウィテリウス
うぃてりうす
Aulus Vitellius
(12/15―69)

ローマ皇帝(在位69年1月~12月)。ネロ帝没落後に乱立した4人の皇帝の1人。父はユリウス・クラウディウス朝の重臣。68年末、ガルバ帝の命令で総督として下ゲルマニア州に赴任したが、帝を嫌う当地の諸軍団によって皇帝に擁立され(69年1月)、西部諸州の支持を得てイタリアへ進軍。この間ガルバにかわって即位していたオットーを倒し、首都ローマに入城した(69年7月)。同年秋、東部諸軍団に擁立されたウェスパシアヌスの先発隊をベトリアクムBetriacumに迎撃したが敗北。首都にいたウィテリウスは、いったんは敵の退位要求に応ずるかにみえたが翻意。突入してきたウェスパシアヌスの部下の軍隊と激しい市街戦を交えたのち、同年12月20日隠れ場所から発見され惨殺された。[栗田伸子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のウィテリウスの言及

【オトー】より

…68年ガルバがネロに対し反乱を起こすとこれに同調したが,翌年ガルバが軍隊の支持を失うと彼を倒して皇帝に就任。しかしゲルマニア諸軍団の支持を得たウィテリウスと対立,ポー河畔のベドリアクムで大敗を喫し,自殺した。【島 創平】。…

※「ウィテリウス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ウィテリウスの関連キーワードオットー(Marcus Salvius Otho)チリダテス3世[古代イラン]クレモナ(イタリア)ローマ史(年表)9月24日カエキナ

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android