ウィリアム・エリオット グリフィス(英語表記)William Elliot Griffis

20世紀西洋人名事典の解説

ウィリアム・エリオット グリフィス
William Elliot Griffis


1843.9.17 - ?
米国の教師,著述家,宗教家
東京開成学校教師。
フィラデルフィア生まれ。
1870年フルベッキの紹介で来日し、福井藩の藩校明新館の理化学教師となる。その後、東京大学の前進である南校の教師、東京開成学校の化学教授となる。1874年帰国し、ニューヨークのユニオン神学校を出た後牧師をしながら、滞日中の見聞もとに「皇国」(1876年)、「ミカド」(1915年)を著し、日本を紹介。日本をアメリカのような近代国家にすることに情熱を注いだ。その他ペリー、ハリス、ブラウン、ヘボン、フルベッキ等の伝記を出版。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

ウィリアム・エリオット グリフィス

生年月日:1843年9月17日
アメリカの科学者,教育者
1928年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

アースデイ

地球のことを考えて行動する日。1970年、アメリカのG・ネルソン上院議員によって提唱された。毎年4月22日がその日とされており、世界中で環境イベントが開催されている。 アースデイが誕生したきっかけは、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android