コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウィーナーノイシュタット Wiener Neustadt

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ウィーナーノイシュタット
Wiener Neustadt

オーストリア北東部,ニーダーエスターライヒ州の都市。ウィーンの南約 40kmのフィシャ川沿いに位置する。 1194年,ハンガリーに対する防衛拠点として,バーベンベルク公により建設された。 1277年都市権を獲得。ウィーンとベネチアを結ぶ通商路の商業都市として栄え,神聖ローマ皇帝フリードリヒ3世の居地となった 15世紀に最盛期を迎えたが,17世紀にオスマン帝国のヨーロッパ進出により衰退。歴史的建造物としては,博物館となっている塔,大聖堂,城館,ドミニコ聖堂など 13世紀のものが多い。 19世紀の鉄道開通後に重工業化が進み,第2次世界大戦前は機関車,航空機,兵器などの製造が盛んに行われた。大戦後,工業は戦前の水準に戻らず,ウィーンの近郊都市として住宅地機能が強まった。身体障害者のための各種の学校がある。人口3万 5268 (1991) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ウィーナーノイシュタットの関連キーワードスピノラ(Christoph Roias de Spinola)マクシミリアン1世シュテファン寺院ヘーラルトハウアー

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android