コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウイルス癌遺伝子 ウイルスがんいでんしoncogene

翻訳|oncogene

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ウイルス癌遺伝子
ウイルスがんいでんし
oncogene

1908年に V.エルマンと O.バウグはニワトリに白血病を起させるウイルスを報告した。このウイルスは遺伝子として RNAをもち,通常とは逆に RNAから DNAを合成する逆転写酵素をもつのでレトロウイルスと呼ばれている。レトロウイルスにはこのように細胞を化させる遺伝子をもつものがあり,この遺伝子をウイルス癌遺伝子と呼んでいる。現在ウイルス癌遺伝子は 20種類近くも知られている。これと同じ構造をもつ遺伝子が魚からヒトまで脊椎動物の正常な細胞にも存在することがわかっている。これは細胞癌遺伝子と呼ばれ,最近ではウイルス癌遺伝子ももとは正常細胞の遺伝子であることがわかり,さらにこうした癌遺伝子は多種の動物に広く分布していることから,細胞の増殖・分裂や分化・発生のために重要な働きをしていると考えられるようになった。膀胱 (ぼうこう) 癌のなかには,癌遺伝子の一部が変化して起ったと思われるものがあり,またリンパ腫の一部には染色体異常により mycという癌遺伝子が活発に働いていることもわかっている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ウイルス癌遺伝子の関連キーワードオートクライン仮説ケイラス

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android