コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウェルズ大聖堂 ウェルズだいせいどう Wells Cathedral

3件 の用語解説(ウェルズ大聖堂の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ウェルズ大聖堂
ウェルズだいせいどう
Wells Cathedral

イギリスイングランド南西部,サマセット県の都市ウェルズにある聖アンドリュー大聖堂。初期イギリス様式最初のゴシック建築。第1次建造はバスの司教レジナルドにより 1180年頃から始められ,その後司教ジョスリンに受け継がれて,身廊内陣側廊と両翼廊および西ファサードが 1239年一応完成した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ウェルズ大聖堂【ウェルズだいせいどう】

英国,サマセット州のウェルズWellsにある教会堂。12世紀末に着工,1363年完成し,大部分が英国ゴシックの初期様式を残している。西正面には600に及ぶ像が刻まれ(13世紀前半),内部には中央塔を支持するためにアーチの上に交差させた逆アーチがあって,独特の景観を呈する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ウェルズだいせいどう【ウェルズ大聖堂 Cathedral,Wells】

イギリス南西部,サマセット州のウェルズにあるゴシック様式の大聖堂。初期イギリス様式Early English Styleの代表例。堂々たる西正面は1220年ころの建造で,ニッチと多数の彫像群を伴う,バットレスで囲まれた重厚な双塔(頂部は14~15世紀に完成)が立つ。内部は大アーケードトリフォリウムtriforium,高窓をもつ,水平性の強調された3層構成を示す。交差部の支柱にX字形の巨大な補強アーチがついて,全長100mの身廊空間を前後に隔絶し,いっそう奥深い印象を与える。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ウェルズ大聖堂の関連キーワードデボンイギリス巻コッツウォルズウエットウェルオーソン・ウェルズ劇場マックスウェルズ・シルヴァー・ハンマープリンス・オブ・ウェールズ(イギリス皇太子)ウェルシュ・ポニー種 (Welsh Pony)ウェルシュ・マウンテン種 (Welsh Mountain)ウェルシュ種 (Welsh)

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone