コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウェルズ大聖堂 ウェルズだいせいどうWells Cathedral

3件 の用語解説(ウェルズ大聖堂の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ウェルズ大聖堂
ウェルズだいせいどう
Wells Cathedral

イギリスイングランド南西部,サマセット県の都市ウェルズにある聖アンドリュー大聖堂。初期イギリス様式最初のゴシック建築。第1次建造はバスの司教レジナルドにより 1180年頃から始められ,その後司教ジョスリンに受け継がれて,身廊内陣側廊と両翼廊および西ファサードが 1239年一応完成した。第2次建造(1290~1340)で東側翼廊と東ファサードが完成され,多角形平面の参事会室とレディー・チャペルが建造されたが,14世紀後半および 15世紀初めに建造が試みられた西側の二つの塔は未完であり,回廊部分は 1425~1500年の間に建てられたものである。この聖堂で最もユニークなのは,1338年に身廊と翼廊との交差部に設けられた,中央塔を支えるアーチである。(→イギリス・ゴシック様式

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

ウェルズ大聖堂【ウェルズだいせいどう】

英国,サマセット州のウェルズWellsにある教会堂。12世紀末に着工,1363年完成し,大部分が英国ゴシックの初期様式を残している。西正面には600に及ぶ像が刻まれ(13世紀前半),内部には中央塔を支持するためにアーチの上に交差させた逆アーチがあって,独特の景観を呈する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ウェルズだいせいどう【ウェルズ大聖堂 Cathedral,Wells】

イギリス南西部,サマセット州のウェルズにあるゴシック様式の大聖堂。初期イギリス様式Early English Styleの代表例。堂々たる西正面は1220年ころの建造で,ニッチと多数の彫像群を伴う,バットレスで囲まれた重厚な双塔(頂部は14~15世紀に完成)が立つ。内部は大アーケードトリフォリウムtriforium,高窓をもつ,水平性の強調された3層構成を示す。交差部の支柱にX字形の巨大な補強アーチがついて,全長100mの身廊空間を前後に隔絶し,いっそう奥深い印象を与える。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone