ウォーレ ショインカ(英語表記)Wole Soyinka

現代外国人名録2012の解説

ウォーレ ショインカ
Wole Soyinka


国籍
ナイジェリア

専門
劇作家;作家;詩人

本名
Akinwande Oluwole Soyinka

生年月日
1934/7/13

出生地
アベオクタ近郊

学歴
イバダン大学卒;リーズ大学(英国)卒

経歴
ヨルバ族出身。政治、教育、社会運動で顕著な活躍をしている一族の中に生まれる。地元のイバダン大学で英文学、ギリシャ語、歴史を学んだ後、1954〜57年英国のリーズ大学でシェイクスピア、ギリシャ・ラテンの古典演劇、ブレヒト、ベケットなどの現代演劇の理論と実際を学ぶ。その後ロイヤル・コート・シアターで働き、’60年ナイジェリアに帰国。劇団1960マスクズ、オリスン劇団を結成、西洋演劇とアフリカ演劇の融合を目指す実験劇に取りくむ。’67年のビアフラ市民戦争ではビアフラを支持して逮捕され’67〜69年投獄された。’69〜72年イバダン大学演劇研究所長を経て、’76〜85年イフェ大学教授。’74年ガーナで雑誌「トランジション」編集長となり、’76年帰国。’84年パリのアフリカ文化センター所長。’86年アフリカ人作家として、また黒人作家として初めてノーベル文学賞を受賞した。’88年米国のコーネル大学教授。民主化運動の活動家としても知られ、’94年アバチャ軍事政権の弾圧を逃れて亡命、主に英国を拠点に反政府運動のスポークスマンとして活動。’97年3月活動家12人とともに国家反逆罪で起訴される。その後、政府の民政移管に伴い、’98年10月帰国。主な作品に、詩集「イダンレほか」(’67年)「地下室に閉じ込められたウソの島」(’71年)、戯曲「森の舞踏」(詩劇,’60年)「道」(’64年)「コンギの収穫」(’65年)「狂人と専門家たち」(’71年)、小説「通訳者たち」(’64年)「死んだ男」(’72年)「異変の季節」(’73年)、評論集「神話・文学・アフリカ世界」(’76年)、自伝「アケ―幼年時代」(’81年)「イバダン」(’94年)がある。’87年10月訪日。

受賞
ノーベル文学賞〔1986年〕 ダカール芸術祭演劇賞〔1965年〕「道」

出典 日外アソシエーツ「現代外国人名録2012」(2012年刊)現代外国人名録2012について 情報

367日誕生日大事典の解説

ウォーレ ショインカ

生年月日:1934年7月13日
ナイジェリアの劇作家;作家;詩人

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

トランスジェンダー

性別違和をもつ人々の総称。性別違和とは,体の性的特徴,出生時の体に基づいて判別された性別や,その役割に課される性役割,性別表現など,すなわちジェンダーへの違和感である。トランスジェンダーには,他方の性...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android