コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウカイル朝 ウカイルちょう`Uqayl

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ウカイル朝
ウカイルちょう
`Uqayl

ジャジーラ,イラク,北シリアを支配した半独立のイスラム王朝 (990頃~1096) 。首都はモスル。建国者はウカイル族のムハンマド (在位 990頃~1096) で,ハムダーン朝の衰退に乗じてモスルの実権を掌握した。初めブワイフ朝の宗主権下にありシーア派の教義を奉じていたが,のちに北シリアの防衛のためにセルジューク朝と条約を締結。その後これを破棄してエジプトのファーティマ朝と結んだために,1096年セルジューク朝の領土に併合されて独立を失った。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ウカイルちょう【ウカイル朝 ‘Uqayl】

イラクのモースルを中心にジャジーラ地方に勢威をふるったアラブ遊牧民の王朝。990‐1096年。最盛期の勢力範囲は,シリア北部,イラク中部にまで及んだ。シーア派としてファーティマ朝に従い,西進を続けるスンナ派のセルジューク朝と対決したが敗れた。次いでザンギー朝のヌール・アッディーンにも敗れ,その勢力は各地に分散し,やがてセルジューク朝に吸収された。以後当地にトルコ人の支配が確立した。【花田 宇秋】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android