ウスバキチョウ(英語表記)Parnassius eversmanni

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ウスバキチョウ
Parnassius eversmanni

鱗翅目アゲハチョウ科。前翅長 25~30mm。体に黄色の長毛が多い。翅は半透明で黄色を帯び,前翅は暗色部が多く,後翅には普通2個の赤色紋がある。幼虫は高山植物のコマクサを食べ,1世代に2年を要する。成虫は6~7月に出現する。北極を取巻く寒冷地に分布し,日本では北海道大雪山の高山帯にのみ亜種 P. e. daisetsuzanaを産するが,天然記念物として採集が禁止されている。なお Parnassius属はヨーロッパのアポロチョウ P. apolloによって代表され,チョウ収集家の間で最も珍重されているグループである。後翅に尾状突起を欠き,一見シロチョウ科のエゾシロチョウ属 Aporiaに似るが,前翅の翅脈が異なり,幼虫には強い臭いのする臭角がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

ウスバキチョウ

鱗翅(りんし)目アゲハチョウ科の1種。開張55mm内外,黄色で後翅に赤紋が二つ。北海道の高山チョウで,大雪山,十勝岳などの山頂部にだけ産し,1965年国の天然記念物に指定。幼虫はコマクサを食べ,成虫は7月に現れる。外国では朝鮮半島北部,シベリア東部,アラスカなどにいる。準絶滅危惧(環境省第4次レッドリスト)。
→関連項目高山チョウ

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典内のウスバキチョウの言及

【高山蝶】より

…ミヤマシロチョウ,ベニヒカゲ,タカネヒカゲを除く残り6種はヨーロッパまで分布しているもので,日本では遺存種と見なしうるものである。北海道ではウスバキチョウ,ダイセツタカネヒカゲ,アサヒヒョウモン,クモマベニヒカゲ,カラフトルリシジミの5種が高山チョウと呼ばれ,後の3種はヨーロッパにも産する。本州の高山チョウのうち,オオイチモンジ,コヒオドシ,ベニヒカゲは北海道では平地や低山地にも見られるので高山チョウ扱いはされない。…

※「ウスバキチョウ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android