コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウスバシロチョウ ウスバシロチョウ Parnassius glacialis

4件 の用語解説(ウスバシロチョウの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ウスバシロチョウ
ウスバシロチョウ
Parnassius glacialis

鱗翅目アゲハチョウ科。前翅長 25~38mm。翅は白色半透明で黒色斑がある。体には黄色の長毛が多い。幼虫はムラサキケマンエンゴサクなどのエンゴサク科植物を食べる。成虫は5~6月頃出現する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ウスバシロチョウ

鱗翅(りんし)目アゲハチョウ科の1種。開張60mm内外。北海道の一部と九州を除く日本全土に分布。山地のチョウで,卵で越冬。幼虫はムラサキケマンなどを食べ,落葉や石の下で薄い繭を作って蛹(さなぎ)になる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ウスバシロチョウ【Parnassius glacialis】

鱗翅目アゲハチョウ科の小型のチョウで,開張は6~7cm(イラスト)。北地,寒地のものは小さい。九州を除く日本各地の主として低山帯に分布する。国外では中国中部に産する。和名は薄い翅の白いチョウを意味するが,シロチョウ科と誤解されるおそれがあるため,ウスバアゲハの新称も使われる。昔は日光に多いためニッコウシロチョウの名でも知られた。年1回,暖地では4~5月,寒地では7月に発生し,緩やかに飛び,花に集まる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ウスバシロチョウ
うすばしろちょう

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のウスバシロチョウの言及

【アゲハチョウ(揚羽蝶)】より

… アゲハ類はメキシコ特産の1種を除けば大きく2亜科に分けられる。 ウスバシロチョウ亜科Parnassiinaeは中型からやや小型のものが多い。約50種がアフリカの大部分と中・南米,オセアニアを除く地域に分布し,おもに草原と森林周辺にすむ。…

※「ウスバシロチョウ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ウスバシロチョウの関連キーワードアゲハウスバキチョウナガサキアゲハモンキアゲハ揚羽蝶烏揚羽黒揚羽蝶蛺蝶紋黄揚羽アゲハチョウ(揚羽蝶)

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ウスバシロチョウの関連情報