ウズムシ(読み)うずむし(英語表記)turbellarian

翻訳|turbellarian

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ウズムシ
うずむし / 渦虫
turbellarianfree living flatworms

扁形(へんけい)動物門渦虫綱に属する種類の総称。扁形動物門には渦虫類のほかに吸虫類と条虫類があるが、後二者の種類はいずれも寄生生活者であるのに対し、渦虫綱の種類はほとんど自由生活者であり、また体表に繊毛があって顕微鏡下ではそれが水中に渦を生じて運動するようにみえるので、名はそれに由来する。また、通称プラナリアとよばれるのは、動物実験などでもっともよく知られている種のナミウズムシDugesia japonica、やヨーロッパナミウズムシD. gonocephalaの旧属名がプラナリアPlanariaであったためである。
 この類は海産のものが大部分で、淡水や陸上にすむ種類もあり、生活の範囲は広い。体は柔らかく、体表に粘液を出し、扁平(へんぺい)のものが多いが、紐(ひも)状の形の種もある。水中では負の走光性のため、石の下などに隠れていることが多いが、ときには滑るようにはって移動し、泳ぐこともある。一見、環形動物のヒルに似ているが、よくみると環節がないので見分けられる。また、口が腹面の中央に開く種が多いのも特徴である。この類は内臓の諸器のうち、とくに消化器官系に特色があるので、腸の形で種類が分けられている。すなわち、腸のないもの(無腸目)、腸が1本の棒状のもの(棒腸目)、腸が大きく3岐しているもの(三岐腸目)、腸が多数に分岐しているもの(多岐腸目)に分類される。循環系および呼吸系器官がなく、肛門(こうもん)もないが、排出は柔組織内にある焔(ほのお)細胞から輸尿管によって体外に出される。神経系および感覚器官は、神経細胞の集合による簡単な脳と梯子(はしご)形神経系および1対または多数の色素眼をもつ。また一部には前端に1個の平衡胞をもつ種もある。この類の生殖は有性生殖と無性生殖の両方を行うものが多く、有性生殖は雌雄同体であるが、いわゆる交尾という形をとる多細胞動物の最初のものである。精子と卵はよく発達しており、卵黄腺(せん)をもち、複雑な卵をつくったり、交尾の際、直接相手の皮下に精子を注入する種もある。発生は直接発生と幼生時代を経る種とあり、多岐腸目の幼生はミュラー幼生、ゲッテ幼生とよばれる浮遊性の変態幼形を経て親の形になる。無性生殖は分裂であり、二分裂または多分裂で、砕片生殖といわれ、多数の部分に分かれ、それぞれ1個体に回復する種もある。
 食性は肉食性であり、普通小形動物を食べるが、珪藻(けいそう)類も飲み込む。淡水産の種類はやや冷たい水中の石の下などにみられ、海産の種類も磯(いそ)の転石の下などで大小さまざまなヒラムシとよばれるものがみられる。また、海藻に付着している小形の種類や砂浜の砂中にすむものもあり、それらを洗った海水中から1ミリメートル前後の種が多くみいだされる。海中にプランクトンとしてすむ種類のなかには、体内に褐藻類や緑藻(単細胞)を共生させるものもあり、これらの種類は光があればかなり長期間餌(えさ)をとらなくても生活できる。陸産の種類のものはコウガイビルとよばれているものがほとんどで、大形のひも状で湿った暖かい地上でみられる。もっとも原始的な無腸目は原生動物の大形の繊毛虫類と類似することから、多細胞動物の起源を繊毛虫類から渦虫類の系統とする説の根拠とする学者もある。また、渦虫類の周辺にはナマコ(棘皮(きょくひ)動物)や腔腸(こうちょう)動物、環形動物との中間型を示す種も発見されており、動物系統論上注目されている。[峯岸秀雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android