コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウチスズメ(家天蛾) ウチスズメ Smerinthus planus

1件 の用語解説(ウチスズメ(家天蛾)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ウチスズメ【ウチスズメ(家天蛾) Smerinthus planus】

鱗翅目スズメガ科の昆虫。開張8cm内外。後翅は紅色を帯び,大きな黒紋の中に青色環,さらにその外側は黒色環があって,眼状紋となっている。この眼状紋は,食虫性の鳥や獣類が接近したときに露出して,翅を緩やかに振動させることによって害敵を威嚇し,生命の安全を保つのに役だっているものと考えられている。幼虫は他のスズメガと同じように,第8腹節の背上に1本の尾角をもっている。体は緑色,黄白色の斜線が側方に8本ある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ウチスズメ(家天蛾)の関連キーワード蝦殻天蛾小菜蛾雀貝毒蛾虎蛾雀蛾雀蜂紅天蛾蜂雀蛾面形天蛾

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone