コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウチスズメ(家天蛾) ウチスズメSmerinthus planus

世界大百科事典 第2版の解説

ウチスズメ【ウチスズメ(家天蛾) Smerinthus planus】

鱗翅目スズメガ科の昆虫。開張8cm内外。後翅紅色を帯び,大きな黒紋の中に青色環,さらにその外側は黒色環があって,眼状紋となっている。この眼状紋は,食虫性の鳥や獣類が接近したときに露出して,翅を緩やかに振動させることによって害敵を威嚇し,生命の安全を保つのに役だっているものと考えられている。幼虫は他のスズメガと同じように,第8腹節の背上に1本の尾角をもっている。体は緑色,黄白色の斜線側方に8本ある。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

ウチスズメ(家天蛾)の関連キーワード製材アンズタケ(杏茸)インコアナナスカラッパガンゼキラングリスボックシメジ(占地)内印ナメコ(滑子)ヒエガエリ

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android