コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カラッパ カラッパ 〈ラテン〉Calappa

5件 の用語解説(カラッパの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

カラッパ(〈ラテン〉Calappa)

十脚目カラッパ科のカニの総称。浅海の砂泥底にすむ。甲は球状で、甲幅10~15センチ、後縁がひさし状に張り出し、その下に歩脚を畳み込む。はさみ脚は極端に幅広く、甲の前面を覆う。温・熱帯海に分布。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

カラッパ

カラッパ科の甲殻類のカニの総称。甲はドーム形で,後側縁が〈ひさし〉のように張り出し,その下に歩脚を畳み込む。はさみ脚はすこぶる大きく幅が広い。後方にのみはい,砂中にもぐって生活する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

カラッパ【box crab】

甲殻綱カラッパ科Calappidaeに属するカニ類の総称。古くはマンジュウガニと呼ばれていたが,オウギガニ科の中にそう呼ばれる一群があるため,属名のCalappaをそのまま和名としている。日本には10種いるが,濃紫色の虎斑模様をもつトラフカラッパC.lophos(イラスト)(甲幅10cm),両方の眼窩(がんか)が黒く縁取られているメガネカラッパC.philargius(甲幅8cm),一面に赤紫色のいぼ状突起があるヤマトカラッパC.japonica(甲幅15cm),甲の左右の張出しが丸いマルソデカラッパC.calappa(甲幅12cm),サンゴ礁の砂地にすみ,じみな色彩のソデカラッパC.hepatica(甲幅8cm)がかなりふつうに見られる

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

カラッパ【Calappa】

十脚目カラッパ科のカニの総称。甲幅5~15センチメートル。背面が丸くふくれる。鋏脚は大きく、甲の前面や口の部分を覆い、甲の後縁の下に歩脚を折りたたむことができる。食用にならない。温・熱帯海域に広く分布。旧称、マンジュウガニ。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カラッパ
からっぱ
box crab

節足動物門甲殻綱十脚(じっきゃく)目カラッパ科カラッパ属Calappaのカニ類の総称。古くはマンジュウガニとよばれていたが、オウギガニ科にマンジュウガニ属Atergatisとしてまとめられるカニ類があり、混乱を避けるために属名をそのまま和名とするようになった。世界の温帯、熱帯海域に広く分布し、一般に浅海の砂泥底にすんでいる。甲幅は5~15センチメートルで、背面がドーム形に膨れ、表面が滑らかで光沢がある場合と、円錐(えんすい)形またはやや鱗(うろこ)状の突起で覆われている場合がある。甲の前側縁は単に湾曲しているだけであるが、後側縁は屋根のひさし状に張り出し、その下に歩脚を折り畳むことができる。はさみ脚(あし)は幅広く、甲の前面や口の部分をすっぽり覆ってしまう。はさみ脚は左右ほぼ同大であるが、形は異なり、右側の不動指の付け根に大きな突起がある。この突起を巻き貝の入口にひっかけ、缶切りの要領で、巻いているのにあわせて切り壊してしまい、内部のヤドカリを食べる。大きなはさみ脚が呼吸水の浄化に役だつといわれ、また、甲のひさし状に張り出した下側のくぼみに呼吸水を蓄えておくことができるという。
 日本産のカラッパ類は11種であるが、濃紫色の虎斑(とらふ)模様をもつトラフカラッパC. lophosや、眼窩(がんか)が黒く縁どられているメガネカラッパC. philargiusは個体数が多く、網によくかかる。また、一面に赤紫色のいぼ状突起があるヤマトカラッパC. japonicaや、甲面が滑らかで張り出しが丸いマルソデカラッパC. calappaが浅海に少なくない。サンゴ礁の砂地にはじみな色彩のソデカラッパC. hepaticaが多い。乾燥させて置物などにされることはあるが、食用にはならない。[武田正倫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

カラッパの関連キーワードラッパーがらっぱち原っぱグラッパフラッパーヘアヤラッパ根パラッパラッパーパラッパラッパー2キンセンガニ(金線蟹)マンジュウガニ(饅頭蟹)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

カラッパの関連情報