コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キャンバス(英語表記)canvas

翻訳|canvas

デジタル大辞泉の解説

キャンバス(canvas)

カンバス
野球で、1・2・3塁のベース。
ボクシングやレスリングの試合をするリングの床。
(Canvas)ウェブページの記述のためのマークアップ言語HTML5で新たに採用されたビットマップグラフィックス描画するための仕様。図形やグラフの描画、画像の合成、基本的なアニメーション作成が可能。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

キャンバス

絵を描くための布。一般には麻布に膠(にかわ)水をひき,さらに亜鉛華を油で溶いたものを塗る。油の種類,溶き方の違いで絵具の吸収度が異なる。糸の太さにより荒目,細目の区別もある。大きさは号数で表し,長方形の短辺の長さにより人物型(F),風景型(P),海景型(M)に分けられる。現在日本で用いられているものは,3号F(27.3cm×22.0cm),6号F(40.9cm×31.8cm),6号P(40.9cm×27.3cm),6号M(40.9cm×24.2cm)など。特殊な呼び方としてサムホール(22.7cm×15.8cm)がある。キャンバスがヨーロッパで盛んに用いられたのは17世紀以降。
→関連項目板絵

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

キャンバス【canvas】

綿・麻などの太い糸で密に織った厚地の織物の総称。種類が多く、帆布・テント・画布・手芸用基布などに使用される。カンバス。 「 --シューズ」
野球の、一・二・三塁のベース。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内のキャンバスの言及

【油絵】より

…油絵は吸油性のあるものならどのようなものにも描けるが,布や紙と油が直接に接着すると劣化の原因となるので,にかわで目止めをして用いる。市販のキャンバスは亜麻布ににかわ引きをした上に,白い油絵具を薄く塗ってある。吸油性の少ない面に描くとのちに剝落の原因になる。…

【絵画】より

…絵画は一般に,平面的な素地(基底材)supportの上に水,油などの媒材で溶いた顔料,または鉛筆,チョーク,パステル等の固形の画材によって,さまざまの形,色を配合してイメージを作り出していく造形芸術である。素地としては紙,羊皮紙,牛皮紙,麻布(キャンバス),絹布,板,ガラス等のほか,壁画や襖絵の場合のように,壁,天井,建具などの建築の一部が用いられることがあり,また壺絵,蒔絵,染織等のように工芸品も用いられる。そのためモザイク,ステンド・グラス,タピスリー(壁掛綴織),陶器,家具,什器などの装飾も,広い意味で絵画に属すると考えられることがある。…

※「キャンバス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

キャンバスの関連情報