コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヤナギ科 ヤナギか Salicaceae

2件 の用語解説(ヤナギ科の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヤナギ科
ヤナギか
Salicaceae

双子葉植物ヤナギ目の1科。北半球の温帯から亜寒帯,高山帯にかけて広く分布し,3属 500余種がある。大半はヤナギSalixであるが,ほかにポプラ (ヤマナラシ) 属 Populusとケショウヤナギ属 Choseniaがあり,3属とも日本に産する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヤナギ科
やなぎか
[学]Salicaceae

双子葉植物、離弁花類。高木または低木。雌雄異株。多くは早春開花するが、夏季に開花するものもある。花は尾状花序をなし、各花は包腋(ほうえき)につき、花被(かひ)はなく、指状、環状、杯(さかずき)状などの腺体(せんたい)がある。雄花の雄しべは1本ないし十数本。花糸は離生するが、癒合するものもある。雌花の雌しべは1本、花柱は2~4本で、2裂するものもある。子房は1室、2~4個の側膜胎座に1個ないし多数の倒生卵子が生じ、無胚乳(はいにゅう)の種子になる。種子の基部は胎座より生じた長白毛(柳絮(りゅうじょ)または種髪(しゅはつ)と称する)に囲まれ、風で飛ぶ。ヤナギ亜科とヤマナラシ亜科の2亜科に分かれ、5属約300種があり、おもに北半球の暖帯から温帯、少数が南半球にも分布する。
 ヤナギ亜科では頂芽を欠き仮軸分枝型である。冬芽の鱗片(りんぺん)は2片が合生して1枚になり帽子状を呈するか(ヤナギ属Salix)、腹側に重なる(ヤナギ属の一部、オオバヤナギ属Toisusu、ケショウヤナギ属Chosenia)。ヤナギ属は雄しべは1~12本で多くは2本、花は腺体が指状であるが環状のものもあり、虫媒で、柱頭は宿存する。オオバヤナギ属は雄しべは5~10本、雌しべの柱頭は花柱の上部とともに落ち、虫媒で、雄花で1~3個、雌花では2個の指状腺体がある。ケショウヤナギ属は通常は腺体を欠き、風媒で雄しべ5本である。さらにオオバヤナギとケショウヤナギとの属間雑種のカミコウチヤナギ属がある。
 ヤマナラシ亜科はヤマナラシ属Populus約40種(ポプラなど)があり、尾状花序は下垂し花は風媒で杯状の腺体がある。冬芽の鱗片は多数で、頂芽では瓦(かわら)状に、腋芽では背腹2列互生に重なる。頂芽により主軸が形成される単軸分枝型であるが、P. euphratica Oliv.その他10余種では頂芽を欠き、腋芽により主軸が形成される仮軸分枝型であることなどから別のコトカケヤナギ属Balsamifluaとして扱う見解もある。[菅谷貞男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のヤナギ科の言及

【ヤナギ(柳)】より

…ヤナギ科ヤナギ属Salixに属する植物の総称。湿った場所を好む落葉性の高木または低木で,北半球の温帯・亜寒帯を中心に約300種が生育する。…

※「ヤナギ科」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ヤナギ科の関連キーワード北半球ヤナギ(柳)油菜浜靫離弁花類金鳳花双子葉類カバノキ[科]

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ヤナギ科の関連情報