コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アンズタケ アンズタケ Cantharellus cibarius

3件 の用語解説(アンズタケの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アンズタケ
アンズタケ
Cantharellus cibarius

担子菌類ヒダナシタケ目アンズタケ科。夏秋の頃,林の中の地上に群生する。傘は径3~8cm,高さ3~9cm。傘の中央はへこみ,傘の裏側は流れたように柄に連なっているので,らっぱのような形になっている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典の解説

アンズタケ

 [Cantharellus cibarius].アンズタケ目アンズタケ科アンズタケ属に属する食用キノコの一種.かさ径は3〜8cmになる.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アンズタケ
あんずたけ / 杏茸
[学]Cantharellus cibarius Fr.

担子菌類、マツタケ目アンズタケ科の食用キノコ。全体に卵黄色で美しい。傘は径3~8センチメートル、形は不規則にゆがみ、波を打つ。裏のひだは放射状に走るしわひだ状で枝分かれする。肉は厚く、乾いてくるとアンズに似た香りがするので、古くから長野県下でアンズタケとよばれていた。ほかにカラモモタケ、コモタケ、サツキタケ、ウコンタケ、シバコの地方名もある。夏から秋にかけて針広葉樹林内の地上に群生する。欧米ではフランス名のシャントレルchanterelleの名で親しまれ、もっとも好まれる食用菌の一つであり、缶詰にしても売られる。菌根菌なので栽培はできない。アンズタケに似て色が赤いものにベニウスタケC. cinnabarinus Fr.がある。[今関六也]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アンズタケの関連キーワードハリタケ(針茸)ベニタケ(紅茸)杏茸えぶりこ猪苓発光菌ジロールアミガサダケホウキタケアンズタケ(杏茸)

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

アンズタケの関連情報