コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウッコ ウッコ Ukko

1件 の用語解説(ウッコの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ウッコ
ウッコ
Ukko

フィン族の雷神。名は「老人」を意味する。雷とともに雲や雨など大気現象全般を司ると考えられ,羊の肉とビールを供物として山の頂で祭祀された。供物は「ウッコの箱」と呼ばれるかばの木の樹皮でつくられた箱に入れられて翌日まで山頂に放置され,夜の間にウッコがその一部を食べると信じられ,残りは祭りの参加者が翌朝食べた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のウッコの言及

【フィンランド】より

…森の神タピオTapioは猟人の獲物を管理し,水の神アハティAhtiは川や湖を支配する。人びとは雷神ウッコUkkoに雨と豊饒を祈り求める。天地は宇宙卵より発生し,冥府トゥオネラTuonelaの川には白鳥が泳いでいると民族詩《カレワラ》は述べている。…

※「ウッコ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ウッコの関連キーワードサフィックスシャイフバフィン島老若マウンタピオラデフィマンギャン族ラーンナータイ東白菊

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone