ウペペサンケ山(読み)ウペペサンケやま

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ウペペサンケ山
ウペペサンケやま

北海道中東部,大雪山火山群に属する円錐 (コニーデ) 形の火山。上士幌町鹿追町の境にある。標高 1848m。安山岩から成り,火山体は著しく浸食されている。糠平温泉から登山道が通じ,頂上から糠平湖然別湖阿寒の山々を展望できる。大雪山国立公園に属する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

肉肉しい

肉料理に対する形容の一つ。しっかりした食感や肉汁が溢れるなど、強く「肉っぽさ」を感じさせる料理を表すのに用いられる。2010年代後半に、塊肉や熟成肉、肉バルなど様々な肉料理の流行に伴い、テレビや雑誌な...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android