コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウポポ

デジタル大辞泉の解説

ウポポ

アイヌ語》アイヌの伝承歌謡の一。屋内での座ったままの労働や儀式のときなどに歌うもの。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

ウポポ

アイヌの祝いや祭りのときなどに集団で座ったり踊ったりしてうたう歌。おもに座り歌を意味し,円座を組んだ人々が,中央に置かれた行器(ほかい)(シントコ)のふたを軽く叩いて拍子をとりながら,旋律を1拍ずつずらして歌い継ぐ,ウコウクという歌い方が特徴。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

ウポポ

〔アイヌ語〕
アイヌ歌謡祭り歌の一。円座を組んだ人々が中央に置いた行器ほかいのふたをたたいて拍子をとりながら輪唱したり、立って円陣をつくり手拍子をとりながら左回りして踊りうたうもの。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内のウポポの言及

【アイヌ】より

…アイヌの音楽は,伝統的祭儀や土俗的信仰に直接結びつくものと,日常の喜怒哀楽を歌う抒情歌の二つに大別される。前者では,おもに祭りの中で歌われる〈ウポポ(座り歌)〉と,悪魔払いの呪術的踏舞〈ニウェン・ホリッパ〉や〈タプカル〉に由来する〈リムセ(踊り歌)〉が代表的なもので,その数も多い。ウポポは,円座を組んだ人々が,中央に置かれた行器(ほかい)のふたを軽く叩いて拍子をとりながら歌うもので,旋律を輪唱のように1拍ずつずらして歌い継いでゆく〈ウコウク〉という歌い方に特徴がある。…

※「ウポポ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

ウポポの関連キーワード北海道帯広市アイヌ音楽白沢ナベ左回り手拍子円陣

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ウポポの関連情報