ウマル(読み)うまる(英語表記)‘Umar b. al-Khattāb

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ウマル(‘Umar b. al-Khab)
うまる
‘Umar b. al-Khab
(?―644)

正統第2代カリフ(在位634~644)。ウマル1世、オマルともいう。メッカに生まれ、反ムハンマド(マホメット)からムスリムとなり、教団の重鎮となった。カリフとして大征服を拡大する一方、イスラム紀元の制定、カリフの称号として「信者の長」(アミール・アルムーミニーン)の採用、軍事都市ミスルの建設、アラブ諸族をディーワーン(省、庁)に軍人(ムカーティラ)として登録するなど、イスラム国家の組織化に努めた。[花田宇秋]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

栄典制度

社会に対する功労者の栄誉を表彰するために国法上与えられる特殊な地位に関する制度。大日本帝国憲法時代には,爵,位,勲章および褒章があり,その授与は天皇の大権事項であった(15条)。日本国憲法下にいたって...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ウマルの関連情報