コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

正統カリフ せいとうカリフal-Khulafā' al-Rāshidūn

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

正統カリフ
せいとうカリフ
al-Khulafā' al-Rāshidūn

イスラムにおいて,ムハンマドの直後の後継者であるメジナの4人のカリフをいう。正統と一般に訳されている言葉は異端に対比する意味はなく,神の正しい導きのもとにあるという意味で,後世の歴史家の用語である。初代アブー・バクル (在位 632~634) は預言者ムハンマドの没後ただちに衆に推されて原始イスラム国家の最高指導者となり,カリフと称した。2代目ウマル1世 (在位 634~644) はアブー・バクルの指名によってその跡を継ぎ,3代目ウスマーン (在位 644~656) はクライシ族の有力者から成る選挙人の互選によって選出されたが,最後はアラブ戦士中の不満分子の手で殺された。4代目アリー (在位 656~661) はその不満分子に推されてカリフ位についたが,彼のカリフ位を認めない反対派との闘争に明け暮れ,ついには刺客の手にかかって暗殺された。正統カリフ時代は,アラビア半島内の反イスラム勢力の打倒と,ササン朝ペルシア帝国領および東ローマ帝国領征服の時代であった。カリフの指導するアラブ戦士 (すなわちイスラム教徒) 集団は征服地に建設されたいくつかの軍事都市に移住し,征服戦争に従事した。カリフの下の行政機関は,アラブ戦士に年金と食糧とを支給するディーワーン,軍指令官アミール,被征服者から租税を徴収するアーミルとがあっただけのごく簡単なものであった。第3代カリフ,ウスマーンの治世の後半から征服事業が停滞し,内紛が始った。アラブ戦士集団の分裂は,アリーの暗殺とウマイヤ朝の成立をもっていったんは収まったが,いくつかの重要なイスラムの分派をつくる契機となった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

正統カリフの関連キーワードウマル(‘Umar b. alアリー(‘Alī b. Abī Tālib)ハーリドイブンアルワリードモスクアムル・ブン・アルアースザイヌル・アービディーンイブン・アッティクタカーフサイン・イブン・アリーレオーネ カエターニアブー・アルアスワドバイト・アルマールアルフセインモスクウマル[1世]アブー・バクルイスラム帝国アブーバクルマルワーン家ムアーウィヤハラージュカエターニマフディー

今日のキーワード

ラニーニャ現象

《La Niña events》赤道付近のペルー沖から中部太平洋にかけて、数年に1度、海水温が平年より低くなる現象。低下する温度差はエルニーニョ現象での上昇温度差より一般的に小さい。→ダイポールモード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android