コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウマル1世 ウマルいっせい`Umar ibn al-Khattāb

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ウマル1世
ウマルいっせい
`Umar ibn al-Khattāb

[生]586頃.メッカ
[没]644. メジナ
イスラム国家第2代カリフ (在位 634~644) 。クライシ族アディー家出身。最初はイスラム教徒の迫害者であったが,のち改宗。預言者ムハンマドの没後,アブー・バクルカリフに推してイスラム教徒の統一を守り,その没後カリフに就任した。彼の治下でイスラム教徒は大征服を進展させ,イラク,シリア,エジプトを征服し,ササン朝を滅ぼした。征服地には軍事上の拠点となる基地都市 (→ミスル ) を建設し,アラブ軍人をミスルに登録して年金を支給した。アラブ軍人には戦利品となった動産を分配したが,土地は分配せず,政府がそこから租税を徴収して国庫に納め,それを年金として軍人に分配した。彼は初めてアミール・アルムーミニーンと称し,それが歴代カリフの称号となったが,それは政治・軍事上のカリフの指導権を強調するためであった。イスラム国家の諸制度の創設に果した彼の役割は大きく,後世の伝承学者はあらゆる制度の起源を彼に求めている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ウマル1世の関連キーワードウマル(‘Umar b. alアッバース・マフムード・アルアッカードサード・ブン・アビー・ワッカースハーリド・ブン・アルワリードハーリド・イブヌル・ワリードムアーウィヤ[1世]ムアーウィヤ(1世)アブー・ウバイダ正統カリフ時代ディーワーン正統カリフヒジュラ暦アッカードパレスチナウスマーンクーファアミールウマルバスラアター

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android