ウムラウト(英語表記)Umlaut

翻訳|umlaut

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ウムラウト
Umlaut

インド=ヨーロッパ語族のうちゲルマン語派特有の現象で,強勢のある音節母音が次の音節のi,ī,j,uなどに同化したことをいう。例:古高ドイツ語単数 kraft (力) ,複数 krefti;古期英語で単数主格 burg (市) ,単数属・与格,複数主格 byrig。現代ドイツ語では,a,o,uに対して,ä,ö,üをウムラウトと呼ぶが,これには本来のウムラウト現象によって生じた形のほかに,類推によって生じたものもある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ウムラウト(〈ドイツ〉Umlaut)

ドイツ語などで、母音の音色がそれに後続する音節の影響で変化すること。母音変異。また、変化したその母音。変母音。ドイツ語ではä、ö、üのように示す。
変母音を示す綴字(ていじ)記号「¨」のこと。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

ウムラウト

言語学用語。変母音と訳される。母音の変音をいい,J.グリムが命名。一語の中でアクセントのあるa,o,uなどの母音が,次の音節にある母音i(ときにu)の影響をうけて調音上同化する現象。ドイツ語のように,これが名詞の単数複数の区別を示すなど,固定した文法上の手続に使われる場合もある。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

ウムラウト【Umlaut】

ゲルマン語、主としてドイツ語で、母音 a ・ o ・ u が後続の i または e に引かれてそれに近づいた音に変わること。また、その音。この音を文字の上で示す記号もいう。 ä ・ ö ・ ü のように二つ並んだ小点で示す。変母音。変音符。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内のウムラウトの言及

【母音変化】より

…ところが末位の複数語尾/i/が前の母音/oː/を/eː/に変質させたので,中世英語では/feːt/となり,これが現代では[fiːt]に推移した。こうした名詞の単数形と複数形との間に見られる母音交替を〈ウムラウトUmlaut(母音変異)〉と呼んでいる。これは後の前舌母音/i/が前の後舌母音/o/を前舌母音e/に変えた逆行同化の例である。…

※「ウムラウト」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

オフサイドトラップ

サッカーの守備の戦術。攻め込んでくる選手とすれ違うように守備側選手が一斉に前へ出て、攻撃側の選手をオフサイドの位置に残すもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ウムラウトの関連情報