コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウムラウト ウムラウト Umlaut

翻訳|Umlaut

4件 の用語解説(ウムラウトの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ウムラウト
ウムラウト
Umlaut

インド=ヨーロッパ語族のうちゲルマン語派特有の現象で,強勢のある音節の母音が次の音節のi,ī,j,uなどに同化したことをいう。例:古高ドイツ語で単数 kraft (力) ,複数 krefti;古期英語で単数主格 burg (市) ,単数属・与格,複数主格 byrig。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ウムラウト(〈ドイツ〉Umlaut)

ドイツ語などで、母音の音色がそれに後続する音節の影響で変化すること。母音変異。また、変化したその母音。変母音。ドイツ語ではä、ö、üのように示す。
変母音を示す綴字(ていじ)記号「¨」のこと。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ウムラウト

言語学用語。変母音と訳される。母音の変音をいい,J.グリムが命名。一語の中でアクセントのあるa,o,uなどの母音が,次の音節にある母音i(ときにu)の影響をうけて調音上同化する現象。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

大辞林 第三版の解説

ウムラウト【Umlaut】

ゲルマン語、主としてドイツ語で、母音 a ・ o ・ u が後続の i または e に引かれてそれに近づいた音に変わること。また、その音。この音を文字の上で示す記号もいう。 ä ・ ö ・ ü のように二つ並んだ小点で示す。変母音。変音符。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のウムラウトの言及

【母音変化】より

…ところが末位の複数語尾/i/が前の母音/oː/を/eː/に変質させたので,中世英語では/feːt/となり,これが現代では[fiːt]に推移した。こうした名詞の単数形と複数形との間に見られる母音交替を〈ウムラウトUmlaut(母音変異)〉と呼んでいる。これは後の前舌母音/i/が前の後舌母音/o/を前舌母音e/に変えた逆行同化の例である。…

※「ウムラウト」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ウムラウトの関連キーワードインドゲルマン語族ゲルマニウム整流器語群煮上げるゲルマニウムの夜ゲルマバスゲルマヴェーダ バスソルトほっとろゲルマホワイトゲルマインド・ゲルマン語族

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ウムラウトの関連情報