ウメイロ(読み)うめいろ(英語表記)yellowtail blue snapper

世界大百科事典 第2版「ウメイロ」の解説

ウメイロ【Paracaesio tumidus】

スズキ目フエダイ科の海産魚(イラスト)。頭部から体側部は淡紫青色,背部が黄色で,熟したウメの実に似た色なのでこの名がある。暖海性で伊豆七島小笠原,和歌山県,島根県以南に分布し,100~200mくらいの深さの岩礁にすむ。 ウメイロ属にはほかに全身が淡紫青色のアオダイP.caeruleus,体側に幅の広い横帯が見られるシマアオダイP.kusakarii,尾びれ両葉がかなり長い稀種(きしゆ)ヨゴレアオダイP.sordidusがある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)「ウメイロ」の解説

ウメイロ
うめいろ / 梅色
yellowtail blue snapper
southern fusilier
[学] Paracaesio xanthura

硬骨魚綱スズキ目フエダイ科に属する海水魚。日本では神奈川県三崎(みさき)以南の太平洋沿岸、山口県萩(はぎ)以南の日本海沿岸、小笠原(おがさわら)諸島、硫黄島(いおうとう)、琉球(りゅうきゅう)列島など、そのほかインド洋、太平洋に広く分布する。体は卵形で、わずかに側扁(そくへん)する。尾びれは深く二叉(にさ)し、中央部に欠刻(切れ込み)がある。体の背方は鮮黄色で、ほかの部分は淡い紫青色を帯びる。尾びれは黄色。和名は体背面の色合いが熟した梅の実に似ることに由来する。体長は約40センチメートルになる。水深20~150メートルの岩礁域に生息し、ときには大群を形成する。おもに動物プランクトンを食べる。一本釣り、底延縄(そこはえなわ)で漁獲される。刺身、塩焼き、煮つけなどにすると美味である。この種は体形がヨゴレアオダイに似るが、ヨゴレアオダイの体色は一様に暗紫褐色であることで容易に区別できる。

[赤崎正人・尼岡邦夫 2017年4月18日]


出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

個人メドレー

競泳種目の一つ。同一個人が定められた距離をバタフライ,背泳ぎ,平泳ぎ,自由形の順に続けて泳ぐ。個人メドレーの際の自由形は,他の3種以外でなければならないため,クロールで泳ぐのが一般的。次の泳法への移行...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android