コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウメイロ Paracaesio tumidus

2件 の用語解説(ウメイロの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ウメイロ【Paracaesio tumidus】

スズキ目フエダイ科の海産魚(イラスト)。頭部から体側部は淡紫青色,背部が黄色で,熟したウメの実に似た色なのでこの名がある。暖海性で伊豆七島小笠原和歌山県,島根県以南に分布し,100~200mくらいの深さの岩礁にすむ。 ウメイロ属にはほかに全身が淡紫青色のアオダイP.caeruleus,体側に幅の広い横帯が見られるシマアオダイP.kusakarii,尾びれ両葉がかなり長い稀種(きしゆ)ヨゴレアオダイP.sordidusがある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ウメイロ
うめいろ / 梅色
[学]Paracaesio xanthurus

硬骨魚綱スズキ目フエダイ科に属する海水魚。伊豆諸島、小笠原(おがさわら)諸島、南日本、南西諸島に分布する。体は卵形で、わずかに側扁(そくへん)する。全長約30センチメートル。体の背方は鮮黄色で、ほかの部分は淡い紫青色を帯びた美しい魚である。名は、梅の実が熟した色合いに由来するといわれる。やや深い100~200メートルの岩礁域に生息する。一本釣り、底延縄(そこはえなわ)で漁獲される。刺身、塩焼き、煮つけなどとして美味である。[赤崎正人]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ウメイロの関連キーワードマダイアオギス笛鯛笛吹鯛アカアマダイアサヒダイイトヨリキグチゴウシュウマダイソコイトヨリ

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ウメイロの関連情報