コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウュルツ ウュルツ Wurtz, Charles-Adolphe

2件 の用語解説(ウュルツの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ウュルツ
ウュルツ
Wurtz, Charles-Adolphe

[生]1817.11.26. ウォルフィスハイム
[没]1884.5.12. パリ
フランス有機化学者。医学を修めたのち,ギーセン大学,ストラスブール大学で化学を学び,パリに行き (1844) ,J.デュマの助手となる (45) 。デュマの後任として医学校教授 (52) 。 1875年パリ大学初代有機化学教授となる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ウュルツ
うゅるつ
Charles Adolphe Wurtz
(1817―1884)

フランスの化学者。ストラスブール大学で医学を修めたのち、ドイツリービヒの下で化学研究を行う。パリ大学教授(1853)、同学部長ののちソルボンヌに移る。科学アカデミー会長(1881)、上院議員も務め、ファント・ホッフらの後進を育てた。ハロゲン化アルキル金属ナトリウムから炭化水素が生成するウュルツウルツ)反応を発見。エチレングリコールなど多価アルコールエチレンオキシドを合成し、これらに基づく無機と有機化学の統一を提唱するなど、勃興(ぼっこう)期の有機化学の発展に貢献した。とりわけ、尿素誘導体からのアルキルアミンの合成(1849)によりアンモニア水素の置換可能性を示し、ジェラール(ゲルアルト)らの新型の理論構築のきっかけをつくった。[肱岡義人]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ウュルツの関連キーワードウォルフ管ウォルフ体ウォルフラムウォルフラム鉄鉱ウォルフラムフォンエッシェンバハウォルフライエ星ザンクトウォルフガングウォルフ黒点相対数ウォルフ数ウォルフ黒点数

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone